ユーザ用ツール

サイト用ツール

journal

jnuce-cover.jpg

部会誌 『原子力バックエンド研究』

Journal of Nuclear Fuel Cycle and Environment

『原子力バックエンド研究』(ISSN 1884-7579)は、(社)日本原子力学会バックエンド部会の部会誌です。核燃料サイクルのバックエンド全般に関わる工学、理学、社会科学などの学際的な領域の研究成果の発表の場です。

  • 投稿される方は “部会誌紹介ページ” をご覧ください。
  • Vol.18 No.2 (December 2011)から J-STAGE(科学技術情報発信・流通統合システム,科学技術振興機構提供)でも公開しています。
    J-STAGE「原子力バックエンド研究」トップページ

バックナンバー

J.NUCE vol27, vol26, vol25, vol24, vol23, vol22, vol21, vol20, vol19, vol18, vol17, vol16, vol15, vol14, vol13, vol12, vol11, vol10, vol9, vol8, vol7, vol6, vol5, vol4, vol3, vol2, vol1

  • 2009年度から、電子媒体での提供のみとなります。


最新号

Vol.27 No.2

巻頭言

研究論文

  • Methodology Development and Determination of Solubility-limiting Solid Phases for a Performance Assessment of Geological Disposal of High-level Radioactive and TRU Wastes
    vol27/Jnuce-Vol27-2-p58-71.pdf
    Akira KITAMURA, Yasushi YOSHIDA, Takahiro GOTO, Sanae SHIBUTANI
  • 地層処分における隆起・侵食影響評価のための地形・処分場深度変遷解析ツールの開発
    vol27/Jnuce-Vol27-2-p72-82.pdf
    山口正秋, 加藤智子, 鈴木祐二, 牧野仁史
  • 使用済燃料直接処分における放射性核種の瞬時放出率設定手法の構築
    vol27/Jnuce-Vol27-2-p83-93.pdf
    北村暁, 赤堀邦晃, 長田正信

総説

  • 放射性廃棄物に関する技術基準の性能規定化及び受入れ基準導入に係る一考察
    vol27/Jnuce-Vol27-2-p94-103.pdf
    青木広臣, 井上亮, 川﨑智

特集;第36回バックエンド夏期セミナー

会議参加記:

講演再録:

会議参加記

  • 日本原子力学会2020年秋の大会 バックエンド部会セッション
    福島第一原子力発電所の廃炉に伴って発生する廃棄物の現状と今後
    ~将来を見据えた取り組みと課題発見~
    vol27/Jnuce-Vol27-2-p134-135.pdf
    吉永恭平, 川合康太

会告

Permalink journal.txt · 最終更新: 2020/12/15 19:16 by ss12955jp

oeffentlich