ユーザ用ツール

サイト用ツール

ss

バックエンド部会 夏期セミナー

本部会に関係の深い課題や、リアルタイムな話題、あるいは原子力全般に関する課題について専門家による講演を行うとともに、特定テーマに関する個別討論会を行い、会員の方々の活発な意見交換を行っています。



第33回「バックエンド」夏期セミナー

2017-07-05 開催予告
2017-07-24 参加申し込み開始 (2017-07-26 申込案内PDF訂正1:下線付)

と き 2017年8月25日(金)~8月26日(土)

ところ 東京都市大学 世田谷キャンパス 3号館311教室
    https://www.tcu.ac.jp/campuslife/introduction/setagayacampus/

主 催 日本原子力学会「バックエンド部会」

※バックエンド部会では、省エネ対策活動として「ノーネクタイ、ノー上着」の軽装でのご参加を推奨します。

参加申込み方法は、下記の申込案内に記載されております。申し込み期限は 8月16日(水)です

セミナー会費は当日会場でお支払いください。

  • 2,000円。学生の方は無料
  • なお、学生以外で日本原子力学会員でない場合は、外税となり、2,160円)

情報交換会への参加を希望される方は、情報交換会会費も合わせて当日会場でお支払いください。

  • 2,500円(会員区分に関わらず税込)

セミナー会費と情報交換会とは分けて領収書をお渡しします


プログラムと講義資料

第1日目:8月25日(金) 原子力施設の廃止措置における廃棄物マネジメントの役割

TDB ~ 受付
13:00 開会挨拶
13:10 ~ 国内の原子力施設廃止措置計画と廃棄物マネジメント
  • 研究炉の廃止措置と廃棄物マネジメント(武蔵工大炉の経験)
    東京都市大学 原子力研究所 内山 孝文
  • 商用炉の廃止措置と廃棄物マネジメント
    日本原子力発電株式会社 廃止措置プロジェクト推進室 野口 裕史
  • 解体廃棄物の処理処分に向けた取り組み(研究炉)
    日本原子力研究開発機構 バックエンド研究開発部門 坂本 義昭
15:10 ~ 海外の廃止措置における廃棄物マネジメント(各40分。通訳・質疑応答を含む)
  • EnergySolutions の経験 (Colin Austin, SVP)
  • AECOM の経験 (Tim Carraway, VP)
  • ATKINSの経験(Tim Milner, CTO)
17:20 ~ パネルディスカッション【廃止措置において処理処分に求められること】
18:00 ~ ポスターセッション
18:45 ~ 情報交換会 @東京都市大学 14号館「カフェ SORA」

第2日目:8月26日(土)地層処分︓基本的な考え方・これまでの取り組み・現状

09:30 ~ 地層処分の基本的考え方と取り組みの経緯
  • 高レベル放射性廃棄物処分概念の検討経緯と課題
    (原子力安全研究協会 増田 純男)
  • 放射性廃棄物処分の科学的基礎
    (原子力安全研究協会 杤山 修)
12:30 閉会挨拶


過去の夏期セミナー

Permalink ss.txt · 最終更新: 2017/07/05 17:07 by ss12955jp

oeffentlich