ユーザ用ツール

サイト用ツール

journal:info

部会誌 『原子力バックエンド研究』紹介

Journal of Nuclear Fuel Cycle and Environment

『原子力バックエンド研究』(ISSN 1884-7579)は、(社)日本原子力学会バックエンド部会の部会誌です。原子力利用に伴う放射性廃棄物の処理・処分、貯蔵、輸送、廃止措置、クリアランス、環境修復、環境管理、除染等バックエンド全般に関わる工学、理学、社会科学等の学際的な領域の研究成果の発表の場です。

バックエンド部会誌『原子力バックエンド研究』の歴史:
1984年に放射性廃棄物連絡会から発刊されたRWMシリーズに端を発し、放射性廃棄物部会『放射性廃棄物研究』が1994年に創刊され、1997年にバックエンド部会『原子力バックエンド研究』と改称されました。

原子力バックエンド研究 Vol.1 - Vol.3 は「放射性廃棄物研究」となります

jnuce-cover.jpg

発行予定 年2回 (6月15日および12月15日)
  • 2009年度より、6月15日・12月15日の発行に変更しております。「当該年度の成果としたい」という要請に応えるため、9月末・3月末の発行から変更しました。
  • 2009年度から電子媒体での提供のみ行っています。
  • J-STAGE(科学技術情報発信・流通統合システム,科学技術振興機構提供)でも公開しています。
    J-STAGE「原子力バックエンド研究」トップページ



原稿募集!

『原子力バックエンド研究』への原稿を募集しています。どしどしご応募ください。

原稿は随時受け付けています。一部の原稿を除き、公開時期よりも早い段階で準備が整った投稿原稿は、ホームページ上で先行公開をします。なお、掲載される号は、受付時期、査読状況によって変わります。あらかじめご了承ください。

✔ 原稿の種類

本部会誌では次のように種別を設けています。

  • 研究論文
  • 技術報告
  • 資料
  • 総説
  • 講演再録(日本原子力学会春の年会、秋の大会、夏期セミナー、週末基礎講座における講演の要旨等)
  • 会議参加記(国内外の会議報告で、その分野の動向やその会議のトピックスなどを伝えるもの)
  • 研究紹介(国内外の研究機関・研究室における活動を報告する記事。国外の研究機関における滞在記を含む)
  • その他(運営小委員会により掲載が適当であると認められたもの)

研究論文、技術報告、資料、総説には査読を行います。また、これらの種別では所定の掲載料をいただきます。なお、広告掲載も募集しておりますのでよろしくお願いします。

✔ 原稿送付・問い合わせ

原稿の送付、お問い合わせは、下記の出版小委員会担当までお願いします。原稿送付後、1週間程度経っても出版小委員会から連絡がない場合は、再度、出版小委員会までお問い合わせください。

  • E-mail(原稿受付専用)journal@nuce.aesj.or.jp (2018-04-06変更)

  • 出版小委員会 編集長 小林 大志(京都大学)
  • 出版小委員会 委員長 澤 周補(株式会社IHI)

投稿関係書類 ダウンロード

投稿の際には・・・<原稿作成には原稿フォーマットをご活用ください>

バックナンバー

部会誌 公開ページ からご覧ください。

その他

バックエンド部会員でない方には、バックエンド部会への入会をおすすめします。
 (バックエンド部会への入会は、日本原子力学会への入会が前提になります。)

部会誌掲載物を転載する場合には・・・

  1. 掲載記事の著作権は日本原子力学会に帰属します。
  2. 転載する際は、所定の転載許諾申請書(学会標準様式)を提出してください。
    (2016年10月26日更新)
Permalink journal/info.txt · 最終更新: 2018/04/06 09:48 by ss12955jp

oeffentlich