ユーザ用ツール

サイト用ツール

ws:2004

以前のリビジョンの文書です


2004年度バックエンド週末基礎講座

■日程

  • 2004年10月9日(土)、10月10日(日)

■場所

  • 京都大学原子炉実験所
    〒590-0494 大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目

講座内容

2004年10月9日(土)
概論1 (10:30~12:00)      北大 佐藤正知
  - 核化学、燃料製造-原発・研究炉、放射線防護、リスク

概論2 (13:00~14:30)      京大 佐々木隆之~
  - 再処理リサイクルと地層処分
    再処理法と地層処分事業の現状理解を深めるとともに、
    新たに研究を進める上で基礎となる項目を解説。
 
見学 (14:30~16:30)
  - KUR, 廃棄物処理棟, 地層処分模型展示車

概論3 (16:30~18:30)      原環センター 稲垣裕亮
  - 国内・国際的動向、社会的課題
    地層処分は技術的課題から社会的課題へ展開
 
懇親会 (18:30~)
2004年10月10日(日)
研究最前線1 ( 9:00~10:30)   原研 山口徹治
  - 放射性核種の拡散現象
    長期的な核種移行評価を支える理論と実験

研究最前線2 (10:40~12:10)   サイクル機構 長谷川健
  - 地層処分と深部地質環境
    我が国の深部地質環特性とその調査技術・評価技術開発の現状
    -サイクル機構東濃地科学センターにおける研究を例にして-

研究最前線3 (13:20~14:50)   神戸製鋼所 加藤修
  - 深地層環境模擬試験
    地下環境を実験室で再現: 雰囲気制御による実験とその成果

研究最前線4 (15:00~16:30)   京大炉 高橋知之
  - 環境影響評価モデル
    環境影響評価のための生態圏核種移行モデルの考え方

講演資料

【講義資料に関するご注意】

  • [size=90%][color=red]禁無断転載、不許複製[/color][/size]
  • [size=90%][color=red]著作権は原著作者にあるため、引用には講演資料作成者などを通じた許可が必要になる場合があります。[/color][/size]
Permalink ws/2004.1371258720.txt.gz · 最終更新: 2015/06/13 13:50 (外部編集)

oeffentlich