ユーザ用ツール

サイト用ツール

awards

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
awards [2021/12/23 10:45]
ss12955jp
awards [2021/12/23 10:53] (現在)
ss12955jp
行 32: 行 32:
 ===== 募集公告 ===== ===== 募集公告 =====
  
-/*+
 {{page>:awards:2021&nofooter}} {{page>:awards:2021&nofooter}}
-*/ 
  
  
 +/*
 [[awards:2021|2021年度の候補者募集]] は12月頃に、このページにてお知らせを掲載します。\\ [[awards:2021|2021年度の候補者募集]] は12月頃に、このページにてお知らせを掲載します。\\
 (バックエンド部会部会賞表彰事務局) (バックエンド部会部会賞表彰事務局)
 +*/
 /* /*
 [[awards@nuce.aesj.or.jp|バックエンド部会部会賞表彰事務局(受付停止中)]] [[awards@nuce.aesj.or.jp|バックエンド部会部会賞表彰事務局(受付停止中)]]
 */ */
- 
-=== 2020年度受賞者決定のお知らせ(2021-04-09) == 
-2020年度の部会表彰では、功績賞、業績賞、奨励賞、優秀講演賞、ポスター賞および論文賞を選考し表彰を行いました。功績賞は、常に現場に直結する活動でバックエンド分野の学術・事業の進展に大きく寄与された加藤和之氏、業績賞は、国内外の地層処分研究の進展に大きく貢献したJAEA東濃地科学センター殿への授与を決定しました。両受賞者には、これまでのバックエンド分野へのご貢献に深く感謝申し上げますとともに、引き続き指導的な役割を期待したく思います。 
- 
-奨励賞、優秀講演賞、ポスター賞および論文賞の選考は、複数の賞の採点で同点1位があり、2020年春の年会が中止となったにも関わらず、数多く表彰することができました。バックエンドの特徴である多岐にわたる専門分野で多くの優れた研究成果が挙がっていることに、大きな喜びと心強さを感じますと同時に、活発な研究に資する部会のあり方を改めて考えました次第です。 
- 
-さてこの度、バックエンド部会運営小委員会の不手際により、日本原子力学会誌「ATOMOΣ」2021年4月号に掲載されるべき2019年度バックエンド部 
-会賞の受賞者、受賞内容が掲載されませんでした。受賞者の皆様、および関係の皆様にご心配並びにご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。 
- 
- 
  
 ---- ----
Permalink awards.1640223951.txt.gz · 最終更新: 2021/12/23 10:45 by ss12955jp

oeffentlich